採用情報はこちら
オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2018年8月

鉄壁の守り。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「安全靴」前後編

安全靴

安全靴

 

「安全靴」の先端には鋼板が入っていて、万が一重量物を運搬中に足元に落としても、被害を最小限に食い止める事が出来ます。

 

 

もちろん何百kgもある物では、靴ごとペシャンコですが(汗)

 

 

ですが、手で運べる重さでも、手元から足元に落ちれば、最悪骨折してしまいます。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

かくいう私(松本 日出治)も足の小指を骨折した事があります(;^ω^)

えぇ。只々鈍臭いだけで~ございます(/ω\)

 

 

鉄壁の守り。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「安全靴」前中編

安全靴

安全靴

 

JIS規格では、「安全靴」は主として、【着用者のつま先を先しんによって防護し、滑り止めを備える靴】と定義されています。

『引用』『ウィキペディア日本語版 フリー百科事典』https://ja.wikipedia.org/wiki/安全靴 2018年3月5日 (月) 09:41

 

 

靴底に硬質のポリウレタンやゴムが使われている為、滑りにくくなっています。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

現場では油が飛散していたり、傾斜が急な場所もある為に、上記のような工夫が施されています(*´ω`*)

 

 

鉄壁の守り。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「安全靴」前編

松本 日出治

安全靴

 

今回は「安全靴」です。

 

 

「あなた」「ブーツ」を履いた事がありますか?

 

 

ですが、「似て非なる物」で構造は違います。

 

 

そもそも「安全靴」とは、【主に工事現場や重い機械部品を扱う工場内や、鉱業建設業などのへの危険を伴う作業場で使用される着用者の足を保護することを目的とした。】『安全靴』『引用 ウィキペディア日本語版 フリー百科事典』https://ja.wikipedia.org/wiki/安全靴2018年3月5日 (月) 09:41 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「安全靴」「ブーツ」の約1.5倍程の重さがあります(*´ω`*)

履いた感覚なので、正確な数値ではありませんが(^▽^;)

 

 

眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」後後編

保護メガネ

保護メガネ

 

「眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」前編」でも記述した通り、「伊達メガネ」「保護メガネ」になりますから、普段から「メガネ」を掛けない人は、ついつい忘れがちです。

 

 

かくいう私(松本 日出治)もちょくちょく忘れます(汗)

 

 

「ホウレンソウ」(報告、連絡、相談)は、どの職種にもありますが、普段からのコミュニケーションもまた、円滑な作業には欠かせないものです。

 

 

なので、私は普段から冗談を言い合ったり、個人個人の話を聴く様に、心掛けています。 

 

 

それこそが、円満な会社作りの第一歩だと、思う次第でございます(*´ω`*)

 

 

上記の理由もそうですが、大前提として 「加古川市は良い所です。」でも記述していますが、仕事をしている時間も、限りある人生の一部です。何事も楽しんだ方が良いと、私は常々思っております(≧▽≦)

 

 

例え仕事でも、いや!仕事だからこそ楽しむべきだと考えております(´▽`)

 

 

次回は「安全は足元から」。

ストレートですが、捻りようがありませんでした(^▽^;)

お楽しみに\(^o^)/

 

 

眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」後中編

保護メガネ

保護メガネ

 

「保護メガネ」に限った事ではありませんが、大事な体です。

 

 

その体を守るのは、「労働安全衛生規則」「労働安全衛生法」に則った法律と、周囲の相互注意です。

 

 

ですが、最終的には「自分の身は自分で守る」事が、大前提となります。

 

 

仕事に限った事ではありませんが、「規則」「法律」が作られた背景には、先人の知恵や努力、尊い犠牲がある事を忘れてはいけないと思っております。

 

 

皆が明るく元気に帰宅する事も、私(松本 日出治)の大切な役目の一つです(#^^#)

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「眼」は特に体の部位の中でも弱い部分ですから、「保護メガネ」はとても重要な物の一つです(*´ω`*)

もちろん、「保護メガネ」に限らず「装着編」全編は、身を守る為の必須アイテムです(≧▽≦)

 

 

手話。鍛冶屋の憩い。6

仕事

仕事

仕事

仕事

 

日曜日!!!ですよ~(≧▽≦)

 

 

「あなた」はいかがお過ごしですか?

 

 

もうには行かれましたか?

 

 

8月もあっという間でしたね~(;^ω^)

 

 

私(松本 日出治)は、夏のイベントをとりあえずは、一通り終わらせました(*´ω`*)

 

 

後は秋ですね~( *´艸`)

 

 

ですが、まだまだ残暑は続くと思いますので、油断せずに乗り切って下さいね(´▽`)

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

写真の手話は「仕事」です。

 

 

打ちつける動作を2回する事で、「肉体労働」「作業」の意味で、「仕事」になります。

 

 

ハンマーを打つ仕草で、工事の様子を表現しています。

 

 

会社のブログなんだから、本当はもっと早くに紹介するべき筈なのに、失念していました(^▽^;)

 

 

余談ですが、左手首に同じ打ちつける動作を2回すると「お疲れ様」となります。

 

 

左手を肩に見立てて、肩たたきを表現しています。

 

\(゜ロ\)(/ロ゜)/(+_+)(´▽`)Σ(゚Д゚)(●´ω`●)(´Д`)

 

「仕事に追うて仕事に追われるな」の様に、早めに仕事を終わらせて、充実した休日をお過ごし下さいね(#^^#)

 

 

次回は前回の続きになります(^^♪

お楽しみに\(^o^)/

 

 

眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」後編

保護メガネ

保護メガネ

 

「ガス溶接、ガス溶断」でも前回の「眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」中後編」の中で取り上げた「溶接」と理由は一緒です。

 

 

プラス「ガス溶接、ガス溶断」の場合は、「スパッタ」と呼ばれる物が飛散します。

 

「スパッタ」とは、金属の微粒子の事です。

 

 

「溶接」でも飛散しますが、「ガス溶接、ガス溶断」の場合は、飛距離が長く、直接的に被害が出るので、「保護メガネ」は必須なんです。

「ガス溶接、ガス溶断」も今後詳細を紹介したいと思いますので、今回は省略させて頂きます。今後が多いですが、まだまだ始まったばかりなので、ご勘弁を(^▽^;))

 

 

上記の「スパッタ」が曲者で、鋼材や製品に付いたままにしておくと、塗装欠陥や品質低下に繋がります(;^ω^)

 

 

次回は日曜日!!!\(^o^)/

なので、恒例のアレです( *´艸`)

 

 

眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」中後編

保護メガネ

保護メガネ

 

「溶接」では、専用の「溶接面」というのがあります。

 

 

「溶接」では、強力な光を放つ為、専用の「溶接面」を使って作業するのですが、あくまでも「溶接作業者」が使うので、周りの作業者はその光を見る事になります。

 

 

裸眼でその光を見てしまうと、いわゆる「眼を焼く」という状態になります。

「溶接」に関しては、今後取り上げて、詳細を紹介したいと思いますので、今回は省略させていただきます(*´ω`*))

 

 

「眼を焼く」という状態を防ぐ為に「保護メガネ」を着用します。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「眼を焼く」状態になると、半日程「眼」を開けられない程の痛みに襲われます(+_+)

 

 

眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」中中編

保護メガネ

保護メガネ

 

前回の「眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」中編」「グラインダー」「溶接」「ガス溶接、ガス溶断」の作業では、「保護メガネ」を使用すると記述しました。

 

 

「グラインダー」では、金属の材料を加工する時等に使用します。

 

 

その際に、飛散する切粉(切り屑)や粉塵(細かい塵)が目に入るのを防ぎます。

「グラインダー」の詳細は近々取り上げる予定です(*´ω`*))

 

 

次回に続きます\(^o^)/

飛散する粉塵等は、ミクロ単位の物ですが、「保護メガネ」をしていないと、「眼」に文字通り突き刺さります(◎_◎;)

なので、眼科さんには、お世話になっております(^▽^;)

 

 

目の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」中編

保護メガネ

保護メガネ

 

「眼の保護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「保護メガネ」前編」で記述した、「労働安全衛生規則」「保護メガネ」を使用する定められた作業とは、「グラインダー」「溶接」「ガス溶接、ガス溶断」が主になります。

 

 

ですが、今は大手工場内では、作業全般に及びます。

 

 

一歩工場内に入ると、着用が義務付けられています。

 

 

機密事項に入るので、ここでは明記出来ませんが、人数が多く、作業内容も多岐にわたる為、色々な災害や設備トラブル等で、対策や「眼」を守る観点から、着用が義務付けられました。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「伊達メガネ」も作業専用の物があります(*´ω`*)

レンズに特殊な加工が施されていたり、横からの異物を防ぐために、サイドフレームが取り付けられています。