採用情報はこちら
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 溶接面

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」後後編

 

溶接面

溶接面

 

【溶接マスクでは、作業効率を上げるために有害な光線を感知して溶接時にのみ自動で遮光する機能をもつものもある。】『保護面』『引用 ウィキペディア日本語版 フリー百科事典』https://ja.wikipedia.org/wiki/保護面2015年2月14日 (土) 16:26 

 

 

上記のタイプは、「溶接面」の前面が「ガラス」又は「プラスチック」になっています。

 

 

「アーク溶接」の光を感知した時だけに、「遮光ガラス」になります。

 

 

特に上記のタイプは、「被り面」に多く採用されている為、両手が自由に使えるので、前回「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」後編」で記述した制限が一切無くなります。

 

 

ただし、前面が「遮光ガラス」になる為、現場では割れるリスクが付きまとうので、「製缶作業」に向いています。

 

 

次回は日曜日!!!勿論アレ致します( *´艸`)

お楽しみに\(^o^)/

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」後編

溶接面

溶接面

 

「被り面」「溶接面」は、「遮光ガラス」の部分が開いて視界を確保する事が出来ます。

 

 

それがどうした?と思われるかもしれませんが、作業をする上では、わざわざ「溶接面」を外す手間を省略しています。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

とはいえ、視界は限られてしまうので、移動や溶接作業以外で使う訳ではなく、溶接の確認や溶接作業に関連した事を行う時に使用します(*´ω`*)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」中後編

溶接面

溶接面

 

【溶接や溶断の作業時に有害光線・飛来物・粉末飛沫などから保護するもので、保護メガネと面体とを一体化させたものである】『保護面』『引用 ウィキペディア日本語版 フリー百科事典』https://ja.wikipedia.org/wiki/保護面2015年2月14日 (土) 16:26

 

 

実は、「遮光ガラス」があれば、溶接作業は出来ます。

 

 

ですが、「アーク溶接」の強力な紫外線から守るために、顔を覆う形をしています。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

先人の知恵の一つですね(*´ω`*)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」中編

溶接面

溶接面から見た太陽

 

前回「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」前後編」で記述した「遮光ガラス」には、「遮光度」を示す番号があります。

 

 

簡単に言えば、「遮光ガラス」の色の濃さの度合いです。

 

 

一般的には、「遮光度」8~12の数字がよく使用されています。

 

 

数字が大きくなるほど、色の濃さは上がります。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

ちなみに写真の見え方は、「遮光度」「遮光ガラス」を通して見た景色となります(*´ω`*)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」前後編

溶接面

溶接面

 

前回「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」前編」で登場した「白ガラス」は、「遮光ガラス」をスパッタや粉塵から守るために、「遮光ガラス」を挟む形で使用します。

 

 

「遮光ガラス」はそのまんま「アーク溶接」強力な紫外線をカットして、作業する為の物です。

 

 

「遮光ガラス」「白ガラス」で挟む理由は、ガラスの為「遮光ガラス」の割れやスパッタを極力防ぐ為です。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「遮光ガラス」が割れてしまっては、溶接作業が困難なために、「白ガラス」を使用します(*´ω`*)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「溶接面」前編

溶接面

溶接面

 

写真の物が「溶接面」です。

 

 

左から「手面」「被り面」「白ガラス」「遮光ガラス」となります。

 

 

「手面」は手で持って使用する面。

 

 

「被り面」は、頭又はヘルメットに着用して使用します。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「溶接面」の種類では、上記の二通りが主となります(*´ω`*)