採用情報はこちら
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 手話

手話。「DVD」 鍛冶屋の憩い。128

DVD

DVD

DVD

DVD

DVD

DVD

DVD

DVD

 

 

 

「殷鑑不遠」(いんかんふえん)日曜日!!!ですね。

 

 

 

 

「あなた」は、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

私(松本 日出治)事ですが、ただ今「DVD」鑑賞にハマっております。

 

 

 

 

前回の緊急事態宣言の際にハマってから、月に4回ペースで、1回5枚「DVD」を借りております。

 

 

 

 

自宅の自粛では、手軽で簡単です(*´ω`*)

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

写真は手話で、「DVD」です。

 

 

 

 

左手の指を軽く曲げて、右手の人差し指と中指を伸ばして、右手の人差し指に左手の親指と四指を付けて、体の前で円を描くように回して表現します。

 

 

 

 

右手は「V」を、左手は「D」を表しています。

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

「賞は厚くし 罰は薄くすべし」(しょうはあつくし ばつはうすくすべし)と申します。

 

 

 

 

自宅で出来る事は、意外と多いものです。

 

 

 

 

とはいえ、早急なコロナウイルス撲滅を願うばかりです。

 

 

 

 

(#^^#)ヽ(^。^)ノ§^。^§(≧▽≦)(^O^)/( *´艸`)(^.^)/~~~

 

 

次回は前回の続きと相成ります(∩´∀`)∩

 

 

お楽しみに\(^o^)/

 

 

手話。「なに?」 鍛冶屋の憩い。127

何?

何?

何? 

何?

何?

何?

何? 

何?

 

 

 

「入境問禁」(にゅうきょうもんきん)日曜日!!!ですね。

 

 

 

 

私(松本 日出治)の感覚の問題かもしれませんが、一月も既に半ばとなりました。

 

 

 

 

「あなた」は、どう感じますか?

 

 

 

 

「一月は行く 二月は逃げる 三月は去る」と言われている様に、年始はあっという間です(^^)

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

写真は手話で、「何?」です。

 

 

 

 

人差し指を立てて、左右に二回振って表現します。

 

 

 

 

指を振る事で、決めかねている事を表しています。

 

 

 

 

下の写真も、相手に対して尋ねかける表現です。

 

 

 

 

あなた ~か?

あなた ~か?

 

 

 

 

あなた ~ですか?

あなた ~ですか?

 

 

 

 

詳細は、「手話。「君の名は」 鍛冶屋の憩い。123」をご覧頂ければ幸いです(^_-)-☆

 

 

 

 

手話で相手に対して尋ねかける時には、表情も同じく尋ねる様に表現します。

 

 

 

 

実は、写真では指だけしか撮影していませんが、顔付で撮影した写真も撮るには撮りました。

 

 

 

 

ただ、何度見ても険しい顔にしか見えなかった為、ブログへの投稿は断念しました(^▽^;)

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

「芝居は無筆の早学問」(しばいはむひつのはやがくもん)と申します。

 

 

 

 

緊急事態宣言が出された今、自粛は必然となります。

 

 

 

 

そんな自粛生活に、手話を取り入れるのはいかがですか?

 

 

 

 

もしそうなら、当ブログも役立てて頂ければ幸いです(^^)v

 

 

 

 

(*´▽`*)(=^・^=)(#^^#)ヽ(^。^)ノ§^。^§(≧▽≦)( ̄▽ ̄)

 

 

 

次回は前回の続きと相成ります(∩´∀`)∩

 

 

お楽しみに\(^o^)/

 

 

手話。「本」「書物」 鍛冶屋の憩い。126

本

本

 

 

 

「報本反始」(ほうほんはんし)日曜日!!!ですね。

 

 

 

 

正月休みが終わり、初めての日曜日ですね。

 

 

 

 

「あなた」は、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

兵庫県 加古川市では、良い天気に恵まれ、幸先の良い始まりとなりました(^_-)-☆

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

写真は手話で、「本」です。

 

 

 

 

両手の手の平を合わせて、左右に開いて表現します。

 

 

 

 

「本」を開いている様子を、表しています。

 

 

 

 

同じ手話で、「書物」「書籍」にもなります。

 

 

 

 

また、「手話。「私の名前は」 鍛冶屋の憩い。122」で既述した様に、氏名に「本」が付く場合は、写真の手話が使われます。

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

「根浅ければ則ち末短く 本傷るれば則ち枝枯る」(ねあさければすなわちすえみじかく もとやぶるればすなわちえだかる)と申します。

 

 

 

 

私(松本 日出治)事ですが、今年は変化の年となります。

 

 

 

 

どう変わり何を得るのかは、今はまだ分かりません。

 

 

 

 

前を向いて進み、一日一日を悔いの無い様に進んで行きたいと思っております(*´ω`*)

 

 

 

 

(●´ω`●)(*^_^*)\(◎o◎)/!(≧▽≦)(@^^)/~~~§^。^§

 

 

 

次回は前回の続きと相成ります(∩´∀`)∩

 

 

お楽しみに\(^o^)/

 

 

手話。「筆談をお願いします」 鍛冶屋の憩い。125

筆談 書く

筆談 書く

筆談 書く

筆談 書く

筆談 書く

筆談 書く

筆談 交換

筆談 交換

筆談 交換

筆談 交換

お願いします

お願いします

お願いします

お願いします

 

 

 

特別編として手話の初級編をお送りしておりますが、手話で会話をするというのは、そう簡単ではありません。

 

 

 

 

そんな時に覚えておくと便利なのが、写真の手話です。

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

写真は手話で、「筆談を お願いします」です。

 

 

 

 

左手の手の平を自分に向けて、右手の人差し指を立てて左手の上で、奥から手前に左右に振りながら表現します。

 

 

 

 

左手は紙を、右手は書く仕草を表しています。

 

 

 

 

次に、両手の指を伸ばして、手の平を上に向けて、左右を手前と奥に入れ替えて表現します。

 

 

 

 

両手の位置を入れ替えている事で、物等を取り換えている様子を表しています。

 

 

 

 

最後に、「手話。「初めまして よろしくお願いします」 鍛冶屋の憩い。120」で紹介した、「お願いします」を併せて、「筆談を お願いします」となります。

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

どうしても手話が分からない時、全てを手話で返す必要はありません。

 

 

 

 

身振り手振りのジェスチャーや、「指文字」でも良いと思います(*´ω`*)

 

 

 

 

何かをしようとする行為や、助けようとする気持ちが一番だと考えております。

 

 

 

 

手話を無理強いする気持ちは、勿論ありません(^▽^;)

 

 

 

 

ただ、「あなた」に手話を通して、私(松本 日出治)が思う気持ちが伝われば幸いです(^_-)-☆

 

 

 

 

(≧▽≦)(#^^#)ヽ(^。^)ノ(=^・・^=)(^J^)(^.^)/~~~(*´▽`*)

 

 

 

今回で特別編は終了致します。

 

 

 

 

次回から、通常通りに戻ります(∩´∀`)∩

 

 

 

 

さて、次回は「アメノタヂカラオ。鍛冶屋の道具シリーズ。「玉掛け用ワイヤーロープ」中前編」の続きと相成ります(^^)v

 

 

 

 

お楽しみに\(^o^)/

 

 

手話。「お手伝いしましょうか?」 「どこが痛いですか?」 鍛冶屋の憩い。124

助ける 協力する

助ける 協力する

助ける 協力する

助ける 協力する

あなた ~ですか?

あなた ~ですか?

 

 

 

写真は手話で、「お手伝い しましょうか?」です。

 

 

 

 

「手話。鍛冶屋の憩い。3」で紹介していますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

 

 

 

 

次に、手を広げて、指先を相手側に向けて表現します。

 

 

 

 

「手話。「君の名は」 鍛冶屋の憩い。123」で紹介した、指を指す行為と指を振る行為と同じく、相手に尋ねる行為となります。

 

 

 

 

少し違う点は、言葉で言えば、丁寧語に当たります。

 

 

 

 

極端にいえば、指を指す行為は「~か?」、指を振る行為は「何?」、手の平を差し出す行為は「~ですか?」に当たります。

 

 

 

 

特に決まった使い方はありませんが、前後の会話やニュアンスの違いで、使い分けを行います(*´ω`*)

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

例え手話が分からなくても、「習うより慣れろ」です。

 

 

 

 

「あなた」が、出来る事をしてあげて下さい(^_-)-☆

 

 

 

 

もう一つ、緊急時に役立つ手話をご紹介致します。

 

 

 

 

痛い

痛い

痛い

痛い

痛い

痛い

所 場所

所 場所

所 場所

所 場所

何?

何?

何? 

何?

何?

何?

何? 

何?

 

 

 

 

写真は手話で、「痛い 所は どこですか?」です。

 

 

 

 

指を少し曲げて、手の平を上に向けて、軽く左右に振って表現します。

 

 

 

 

ちなみに、自分が痛い場所を表したい場合は、痛い部分の近くで表現する事で、相手に伝える事が出来ます。

 

 

 

 

次に、指を少し曲げて、手の平を下に向けて胸の前に持っていき、体の前に出して表現します。

 

 

 

 

他の手話と併せる事で、何かの「場所」、もしくは単体でもその地点を示す「場所」となります。

 

 

 

 

最後に指を振って尋ねる事で、「痛い 場所は どこですか?」となります。

 

 

 

 

日本語と同じく手話表現も、疑問詞が後ろに付きます。

 

 

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

 

 

困っている人がいたら、助けてあげて下さい(#^^#)

 

 

 

 

「あなた」の勇気ある行為で、助かる人は居るはずですから(∩´∀`)∩

 

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/