採用情報はこちら
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: TIG溶接棒

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「TIG溶接棒」後後編

TIG溶接棒

TIG溶接棒

 

 

「アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「タングステン」中前編」で紹介した、「タングステンタッチ」は母材に限った事ではありません。

 

(詳しくは、上記をクリック(^_-)-☆)

 

 

 

「TIG溶接棒」「タングステン」に近付け過ぎて接触すれば、「タングステンタッチ」となります。

 

 

 

特に慣れないうちは、距離感が掴めずに「タングステンタッチ」を起こしやすいです。

 

 

 

「溶接面」を被った状態なので、尚更です。

 

 

 

その為に、初期電流を使い溶接個所を照らして、「TIG溶接棒」の距離を把握します。

 

 

 

それはまた、後々紹介致します(*´ω`*)

 

 

 

☆☆~~~~~~~~~~~☆☆☆~~~~~~~~~~~☆☆

 

 

次回は日曜日!!!ですね。

 

日曜のひと時、「あなた」に手話をお届け致します(∩´∀`)∩

 

お楽しみに\(^o^)/

 

 

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「TIG溶接棒」後中編

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

 

 

「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「ホルダー」「アース」零れ話。後編」で既述した通り、溶接作業で気を付けなければいけないのが、感電です。

 

 

 

特に「TIG溶接」は、「TIG溶接棒」を手に持って行う為、「アーク溶接」よりも感電する危険性は高まります。

 

 

 

ですが、基本的な知識さえあれば、感電する危険はゼロに等しくなります。

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

 

「日乃出工業」では、親切丁寧な指導をしております(^_-)-☆

 

 

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「TIG溶接棒」後前編

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

 

 

「TIG溶接」は、「TIG溶接棒」を送り出して溶かす事で、溶接が出来ます。

 

 

 

「TIG溶接棒」は、新品の状態で1000mmありますが、「TIG溶接」を行えば当然「TIG溶接棒」は短くなります。

 

 

 

「アーク溶接」とは違い直接「TIG溶接棒」を手に持つ為、手袋をしていても残り約50mm前後が持つ限界です。

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

 

当然の事ながら、短い状態で使用し続けると、手を火傷します(^▽^;)

 

 

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「TIG溶接棒」後編

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

 

 

「TIG溶接」は、「豚革手袋」で行うのが理想ですが、「革手袋」でも慣れれば十分適応出来ます。

 

 

 

実際私(松本 日出治)は、「革手袋」「TIG溶接」を行っています。

 

 

 

私自身が、「豚革手袋」が苦手なのが大きいですが(^▽^;)

 

 

 

なので、好みは「十人十色」ですね。

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

 

ただし、最初は感覚を掴む為にも、「豚革手袋」「TIG溶接」を行う方が、習得への近道です(*´ω`*)

 

 

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「TIG溶接棒」中後編

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

TIG溶接棒 持ち方

 

 

「TIG溶接」を行う際は、「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「軍手」全編」「軍手」「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「革手袋」全編」「革手袋」ではなく、写真の「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」全編」「豚革手袋」で行うのが一番理想です。

 

(詳細は、上記を各々クリック(^_-)-☆)

 

 

 

「TIG溶接」は、「TIG溶接棒」を片手で送り出す必要がある為、手の感覚に近く熱に強い「豚革手袋」が効果的です。

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

 

当然の事ながら、素手では行いません(^▽^;)

 

熱を扱うのですから、当然といえば当然ですね(*´ω`*)