採用情報はこちら
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: TIG溶接

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「タングステン」零れ話。前編

タングステン

タングステン

 

 

「タングステン」は、

 

【銀灰色の非常に硬く重い金属で、クロム族元素に属する。】

『タングステン』『引用 ウィキペディア日本語版 フリー百科事典』https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B32020年9月16日 (水) 15:38 

 

 

 

周期表においては、第6族元素に属しています。

 

 

 

他には、クロムやモリブデンがあります。

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

 

要するに、金属元素ですね(*´ω`*)

 

 

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「トーチ」零れ話。後後編

TIG溶接

TIG溶接

 

 

前回「アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「トーチ」零れ話。後中編」で既述した通り、「トーチ」角度は重要です。

 

 

 

ですが、場合によっては写真の様に「トーチ」を母材に対して、垂直に持っていく事もあります。

 

 

 

必ず角度が決まっているかといえば、そうではありません。

 

 

 

状況に応じてその都度対応していきます。

 

 

 

こればかりは実際に溶接作業を行って、自分自身で経験を積み重ねていく必要があります。

 

 

 

「日乃出工業」では、親切丁寧に指導致しております(^_-)-☆

 

 

 

次回は日曜日!!!ですね。

 

日曜のひと時、「あなた」に手話をお届け致します(*´ω`*)

 

お楽しみに\(^o^)/

 

 

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「トーチ」零れ話。後中編

TIG溶接

TIG溶接

 

 

前回「アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「トーチ」零れ話。後前編」で既述した通り、「トーチ」角度は重要です。

 

 

 

ですが、母材の厚みや状況に応じて、45度を維持するのが困難な時もあります。

 

 

 

その時は、写真の様に母材に対して60度に起こして溶接を行います。

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

 

もちろん溶接の仕方によって角度は変わりますから、その都度状況に応じて対応していきます(*´ω`*)

 

 

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「トーチ」零れ話。後前編

TIG溶接

TIG溶接

 

 

「トーチ」の持ち方や進行方向、動かし方を紹介したら、忘れてはいけないのが「トーチ」の角度です。

 

 

 

意外と見落としがちですが、上記と変わらず重要です。

 

 

 

まず基本と言えるのは、母材に対して45度の角度で「トーチ」を傾けます。

 

 

 

写真の「トーチ」の角度が、正にそうですね。

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

 

「トーチ」の角度は主に、「TIG溶接棒」の溶け込みや「ビード」の仕上がりに繋がります(*´ω`*)

 

 

アメノウズメ。万能の溶着。鍛冶屋の習得技術。「トーチ」零れ話。後編

トーチ 動かし方

トーチ 動かし方

トーチ 動かし方

トーチ 動かし方

トーチ 動かし方

トーチ 動かし方

トーチ 動かし方

トーチ 動かし方

 

 

写真の動きが、「ローリング」と呼ばれる技法です。

 

 

 

「ウィービング」と似たような動きをしますが、円を描く様に「トーチ」を動かすのが特徴です。

 

 

 

独特な動きは、肩を動かす事で可能となります。

 

 

 

「ローリング」の利点は、「ビード」を均一に出来る事です。

 

 

 

次回に続きます\(^o^)/

 

写真では、分かりやすい様に大きく動かしています(*´ω`*)

 

実際は、5mm前後の幅で「トーチ」を動かします。