採用情報はこちら
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 豚革手袋

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」零れ話。

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

「豚革手袋」は、2双約1000円前後です。

 

 

油や水にさえ触れなければ、かなり長持ち致します。

 

 

「薄手のゴム手袋」の様に細かな作業ができ、「革手袋」の様に熱にも強いので、かなり重宝します。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

他の手袋に比べて、値段が少し高いのがネックではあります(^▽^;)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」後後編

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

「豚革手袋」は多少の熱には強いですが、高温に長時間晒されると縮みの原因となります。

 

 

もちろん「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「革手袋」全編」も同様です。

 

 

「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」前後編」でも既述した通り、約5000度~20000度の高温となり、「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「ガス溶接、ガス溶断」全編」でも約3000度近くの高温となります。

 

 

それが手袋の縮みだけで済むのですから、どれだけ熱に強いか「お分かり頂けただろうか(∩´∀`)∩」

 

 

次回に続きます\(^o^)/

ちなみに身近な物の温度は、タバコで約800度

練炭や木炭で約1000度

ガスコンロで約1500度です(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」後中編

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」後編」の続きです。

(詳しくは、上記をクリック(^_-)-☆)

 

 

そこで、「豚革手袋」「TIG溶接」には最適です。

 

 

細かな作業が出来て、なおかつ熱にも強いからです。

 

 

同じ作業を「革手袋」ですると細かな作業が難しく、「軍手」ですると熱に耐えられません。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

ここまで一つの作業に特化した手袋も、珍しいかもしれませんね(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」後編

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

「豚革手袋」は、「TIG溶接」には打って付けです。

 

 

「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」中編」でも記述した通り、「半田鏝」(はんだごて)の要領で「溶接棒」を溶かして溶着させるため、「溶接棒」を持つ手は素手では火傷の原因となります。

 

 

「革手袋」でも出来ますが、「溶接棒」が溶けていく為、送り出す必要があります。

 

 

その点では、「革手袋」では少し不便です。

 

 

次回は日曜日!!!

日曜のひと時、「あなた」「指文字」を紹介致します(*´ω`*)

お楽しみに\(^o^)/

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」中後編

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

「豚革手袋」は素材が柔らかいのが特徴です。

 

 

その分「革手袋」に比べて、熱や破れに弱いのも確かです。

 

 

ですが、よほどの高熱か鋭利な物でない限りは、滅多に破れる事はありません。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「革手袋」に比べればの話です(*´ω`*)

一般的な作業では、十分な耐久力があります。

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」中中編

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

「豚革手袋」は、手首の部分にはマジックテープで固定できる為、着脱が容易です。

 

 

使い始めのうちは窮屈に感じますが、慣れてくると下に向けただけで落ちてしまうほど緩くなります。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

とはいえ、大きめのサイズだと手に余ってしまいます。

もしも「あなた」「豚革手袋」を使用されるのなら、サイズを何種類か試してみるのをお勧め致します(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」中前編

豚革手袋

豚革手袋

 

「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「革手袋」中後編」同様に、「豚革手袋」も使い続けていけば、手に馴染んできます。

 

 

使い始めは着脱の際に窮屈に感じますが、繰り返し使う事で着脱が容易になります。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

手に馴染むよりは、緩む状態に近いかもしれません(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」中編

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

前回「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」前後編」で紹介した様に、「豚革手袋」は素手の感覚に近い為、ボルトの扱いやスパナの扱いが楽に行えます。

 

 

大きなサイズのボルトなら取り扱いは楽に行えますが、小さなサイズになってくると、締めにくかったり緩めにくい事があります。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

もちろん個人差があります(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」前後編

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

「豚革手袋」「革手袋」を比べると、「豚革手袋」は素材自体が柔らかいのが特徴です。

 

 

以前紹介した「薄手のゴム手袋」「革手袋」の長所を併せ持っています。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

具体的には、「薄手のゴム手袋」の様に素手に近い感覚で、「革手袋」のような熱に耐性がある状態です(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「豚革手袋」前中編

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

豚革手袋

 

「豚革手袋」のサイズも、「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」前中編」「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「極薄ゴム手袋」前中編」同様に、S~LLサイズまであります。

 

 

基本的には、細かな作業がしやすい物にはサイズが設定されています。

 

 

ちなみに、「軍手」「革手袋」はフリーサイズの物が多いです。

 

 

次回は日曜日!!!

日曜のひと時、「あなた」「指文字」を紹介致します(*´ω`*)

お楽しみに\(^o^)/