採用情報はこちら
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 薄手のゴム手袋

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」零れ話。後編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

「薄手のゴム手袋」10双入りで販売されていて、約1000円前後と手軽な値段です。

 

 

そして、余程の事がない限りは1双が割と長持ちします。

 

 

ボルトの取り扱いや道工具の運搬程度なら、破れが出来ない限りは使用し続ける事が可能です。

 

 

環境が良い現場ならば、1双1ヶ月は十分に使用できます。

 

 

次回は日曜日!!!

日曜のひと時、「あなた」「指文字」を紹介致します(*´ω`*)

お楽しみに\(^o^)/

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」零れ話。中編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

前回「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」零れ話。前編」の続きです。

(詳しくは、上記をクリック(^_-)-☆)

 

 

ご覧頂いた通り、親指の大きさ前後のボルトサイズが大半です。

 

 

そのボルトを取り扱う時は、手の感覚に近い「薄手のゴム手袋」が最も作業がしやすいです。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

モチロン品物によっては、既述したサイズより小さいのから、大きいのまであります(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」零れ話。前編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」中中編」でも出てきますが、当ブログで頻繁に既述している「ボルトの取り扱い」について、紹介致します。

 

 

その為にはまずボルトのサイズを知ってもらう必要がありますね。

 

 

細かな事は抜きにして、「鍛冶屋、建設業や製造業」で最も使われるサイズを紹介致します。

 

 

小さい順から、17mm19mm24mm30mm32mm36mmの大きさが一般的です。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

ボルトの回す部分が上記に当たります(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」後後編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

前回「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」後中編」で火気に弱いと記述しましたが、ゴム臭いのも私(松本 日出治)個人としては少し苦手な所です。

 

 

ゴムなのだから当たり前といえば当り前ですが(^▽^;)

 

 

どうにも慣れません。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

私はゴムの臭いが苦手ですが、人によっては好きな人も居るかもしれませんね。

人の好みは十人十色ですから(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」後中編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

「薄手のゴム手袋」では、「グラインダー」を使用した際に発生する火花もダメです。

 

 

ゴム製という事もありますが、手の甲側がメッシュになっているので、ほんの少しの火花でも穴が開いてしまいます。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

適切な保護具を使用する事も、作業をする時には重要な要素の一つです(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」後前編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

「薄手のゴム手袋」の唯一の弱点は、火気に弱い事です。

 

 

「ガス溶接、ガス溶断」「アーク溶接」では、火の粉の飛散と対象物自体が熱を持つ為、「薄手のゴム手袋」では作業中に溶けてしまいます。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

仕方なく作業を続行する事もありますが、火傷の原因となってしまいます。

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」後編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

前回「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」中後編」で既述した様に、夏の時期には最適ですが、その反面冬の時期には手が冷たいです。

 

 

「あなた」も経験はありませんか?

 

 

冬の時期には鋼鉄製で出来た物(例えば、手すりやドアノブ等)に触れた時に冷たい経験を。

 

 

「薄手のゴム手袋」を嵌めているとはいえ、手にフィットする分温度変化には敏感です。

 

 

私(松本 日出治)の個人的な事ですが、冬の時期に「薄手のゴム手袋」を嵌めた時のヒヤッとした感覚は、今だに慣れません(^▽^;)

 

 

次回は日曜日!!!ですよ~

日曜のひと時、「あなた」「指文字」を紹介致します(*´ω`*)

お楽しみに\(^o^)/

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」中後編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

「薄手のゴム手袋」は、手の甲側がメッシュになっている為、保温効果はありませんが、ゴム手袋特有の手汗やムレはありません。

 

 

その為、長時間の着用も可能になります。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

夏の時期には最適です(*´ω`*)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」中中編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

「薄手のゴム手袋」は、油や水、グリスの存在する場所で、ボルトやナットの取り扱いがスムーズに行える事が、一番の利点です。

 

 

「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「耐油性厚手のゴム手袋」全編」と、用途は似通った所がありますが、細かな作業ではとても重宝します。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

同じ作業を「軍手」「革手袋」で行うと、水で濡れてもしくは油が付着して、その日で使用出来なくなります(^▽^;)

 

 

手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」中前編

薄手のゴム手袋

薄手のゴム手袋

 

「薄手のゴム手袋」が手にフィットする事は、「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「薄手のゴム手袋」前後編」で記述致しました。

 

 

そのお陰で、指が動かし易い事も利点の一つです。

 

 

もちろん「手の守護者。鍛冶屋の道具シリーズ。装着編。「軍手」全編」もそうですが、何といっても「軍手」と比べて、油や水等に強い事が挙げられます。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

とはいえ、素手が全く濡れない訳ではありませんが(^▽^;)