採用情報はこちら
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: ガス溶接 ガス溶断

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」零れ話。後後編

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

 

大手工場内での火気の使用において、大事な3点セットがあります。

 

 

それは、「消火器、消火バケツ、防火シート」です。

 

 

「消火器、消火バケツ」はお馴染みですよね?

 

 

では、「防火シート」はどんな物か分かりますか?

 

 

簡単に説明すれば、難燃性の布です。

 

 

布とはいえ、その耐熱性は1500度の熱にも耐えられる優れものです。

 

 

他に現場によっては、2リットルのペットボトルをセットに加えたり、「火気見張り人」と呼ばれる人が、火気使用中は付きっ切りで火の番を行います。

 

 

工場は大概どこでも、火災や爆発に関する事には敏感です。

 

 

なので、万が一の備えには、万全を期しています。

 

 

(∩´∀`)∩(*”ω”*)( ̄д ̄)( ..)φメモメモ>^_^<( ̄▽ ̄)(/ω\)

 

今回で「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「ガス溶接、ガス溶断」」は終了です。

 

 

ですが、次回は日曜日!!!最後の締めを致します( *´艸`)

お楽しみに\(^o^)/

 

 

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」零れ話。後編

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

 

トラック等での運搬では、前回「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」零れ話。中後編」で記述した通りですが、工場内や現場内で使用する際は、どうするか分かりますか?

 

 

柱や手摺等の固定された物に、チェーンで固縛します。

 

 

一昔前までは、ロープやワイヤー等で固縛していましたが、「ボンベ」の転倒や「メーター」の破損があった為に、最近ではチェーンで統一されてきました。

 

 

その他にも、専用の移動式の台車があります。

 

 

「ボンベ」を立ててチェーンで固縛して、台車のように押して、移動が可能な優れものです。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

安全で快適で便利になる為の、先人の知恵ですね(*´ω`*)

 

 

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」零れ話。中後編

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

 

「あなた」は街中で、黄色の文字で「高圧ガス」と書かれたステッカーを付けたトラックを、見かけた事はありませんか?

 

 

トラック等での運搬には、「高圧ガス保安法」により「高圧ガス」のステッカー表示が義務付けられています。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

危険物の取り扱いには、法で安全を確保しています。

 

 

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」零れ話。中編

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

 

「ガス溶接、ガス溶断」使用後は、前回「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」零れ話。前後編」で記述した「専用ハンドル」で供給を止めます。

 

 

その際、「メーター」「ガスホース」「残圧」が残ります。

(ここでの「残圧」は、「ボンベ」の残りの容積ではなく、「メーター」以降に使って残った、残量圧力を指しています。)

 

 

以前「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「ガスホース」零れ話。前中編」で記述した通り、「ガスホース」が長いので「残圧」とはいえ侮れません。

 

 

「専用ハンドル」で元を閉めた後に、「切断器」「酸素バルブ」「ガスバルブ」を開けて、「残圧」を抜きます。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「残圧」を抜かずに放置してしまうと、「ガスホース」の破裂や火災につながる恐れがあるからです。

 

 

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」零れ話。前後編

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

 

「メーター」を取り付けて供給する為に、「専用のハンドル」があります。

 

 

写真では都合上見えていませんが、赤丸で囲っている部分に四角形の突起があります。

 

 

もし「あなた」がゲームをする人ならば、「クランク」と呼べば分かり易いのかもしれませんね。

 

 

「専用ハンドル」の説明を大雑把にすると、凹凸を合わせて回せる着脱式のハンドルです。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

使用中は必ず「ボンベ」に取り付けています。

緊急時に素早く対応するためです。

 

 

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」零れ話。前編

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

酸素ボンベ プロパンボンベ アセチレンボンベ

 

「酸素ボンベ、プロパンボンベ、アセチレンボンベ」と共通した事なので、零れ話としてまとめました。

 

 

大きく分類すれば「ボンベ」なので、「ボンベ」として記述していきたいと思います。

 

 

どうでもいい事ですが、写真は合成しました(´艸`*)

 

 

どうでもいい事をもう一つ、タイトルが今までの中で一番長くなっています(;゚Д゚)

(それがどうした?って感じですが(^▽^;))

 

 

次回に続きます\(^o^)/

たま~に内容が無い時もございます(*´ω`*)

なので、顔文字で誤魔化しております、ご容赦下さい>^_^<

 

 

手話。鍛冶屋の憩い。25

機械 歯車

機械 歯車

機械 歯車

機械 歯車

 

格致日新(かくちにっしん)日曜日!!!ですね。

 

 

「あなた」はいかがお過ごしでしょうか?

 

 

「手話。鍛冶屋の憩い。24」で私(松本 日出治)は、大手工場内での仕事を主としている事を記述しました。

 

 

「機械」のメンテナンスの関係上、今週金曜日は遅くまで残業していました(^▽^;)

 

 

土曜日は出勤しましたが、その分早く帰れましたが(´艸`*)

 

 

操業している「機械」を相手にしている為、稀に仕事が長引く事もございます。

 

 

☆☆~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~☆☆

 

両手の指を開き、上から下へと半円を描くように下ろします。

 

 

歯車が噛み合って動く様子を表現しています。

 

 

写真の手話で「機械」です。

 

 

(>_<)( ̄▽ ̄)>^_^<(*’ω’*)(゜o゜)( ;´Д`)\(◎o◎)/!(^^♪

 

私は、面接の時には必ず言う事があります。

 

 

それは3K(キツイ、汚い、危険)が常に付きまとう事です。

 

 

私自身、事務職や営業職等を経験した事はありません。

 

 

なので、いくら仕事の内容を口頭で説明されても実際に就いてみない事には、仕事内容の大変さは理解出来ないと思うのです。

 

 

そう思うからこそ、ブログを始めたキッカケでもあるのですが。

 

 

閑話休題。

 

 

就職するならば、一生勤められる仕事になってもらいたいと考えます。

 

 

その為に私が出来る事は、良い面も悪い面も納得したうえで、「日乃出工業」に入社してもらいたいと思います。

 

 

そして、入社した人にとって誇れる仕事だと思ってもらえる、そんな手助けが出来る会社になりたいと考えております。

 

 

「日乃出工業」はそんな会社です(*´ω`*)

 

 

次回は前回の続きとなります(∩´∀`)∩

お楽しみに\(^o^)/

 

 

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「プロパン、アセチレン」零れ話。後後編

プロパン アセチレン 

プロパン アセチレン

 

「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「プロパン、アセチレン」零れ話。後編」「熱膨張」を紹介しましたが、現場の状況や条件によっては、「炙り」(あぶり)が出来ない事もあります。

(分かり易いのは、火気厳禁の場所等ですね。)

 

 

その時はどうするか分かりますか?

 

 

察しの通り冷やします。

 

 

任意の場所に「ドライアイス」を置いて冷ますんです。

 

 

「熱膨張」の反対の反応が起きて、鋼鉄が収縮してくれます。

 

 

案外原始的でしょ?(*´ω`*)

 

 

次回は日曜日!!!っという事で、いつものアレもちろん致します(´艸`*)

お楽しみに\(^o^)/

 

 

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「プロパン、アセチレン」零れ話。後中編

ガス溶断

ガス溶断

 

「炙り」(あぶり)は色んな場面で重宝しています。

(詳しくは、「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「プロパン、アセチレン」中編」「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「プロパン、アセチレン」零れ話。後前編」を参照して頂ければ幸いです(≧▽≦))

 

 

ですが、何度でも出来る事ではありません。

 

 

「焼き溜め」(やきだめ)と呼ばれる現象が起きてしまうからです。

 

 

包丁を作る工程で、鉄を高温で焼いてから叩き、スグに水に浸ける工程を何回か繰り返して、包丁が出来上がるのを見た事はありませんか?

 

 

包丁には、一緒に「ハガネ」を入れているので、材料が均一になる事で、強度を増します。

 

 

閑話休題。

 

 

鉄をただ単に焼いただけでは、硬くなっていきます。

 

 

つまり材質が変わり、「熱膨張」をしなくなってしまいます。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「焼き溜め」した鋼鉄は、製品としては残念ながら価値が下がってしまいます。

 

 

鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「プロパン、アセチレン」零れ話。後前編

ガス溶断

ガス溶断

 

僅かではありますが、嵌め込まれる物よりも嵌め込む物の方が小さいため、前回「鋼鉄の切断。鍛冶屋の必須技術。「プロパン、アセチレン」零れ話。後編」「熱膨張」を利用して整備しています。

 

 

ですが、何事もやり過ぎは厳禁です。

 

 

「炙り」(あぶり)」過ぎると、溶けてしまったり、材質が変化してしまったり、最悪の場合は材料そのものが使い物にならなくなってしまいます。

 

 

蛇足として、「炙り」(あぶり)の目安としては水を数滴垂らして、玉になって転がるぐらいがベストです。

 

 

例えるならば、車に撥水コートを施した時にできる雨水のような感じです。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

温度は正直なところ分かりません(^▽^;)

感覚ですね(*´ω`*)