採用情報はこちら
オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2019年4月

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。後前編

溶接部

溶接部

 

写真は部材を溶接した物です。

 

 

「ビード」「幅」を統一する事で、見た目にも綺麗で、溶接本来の強度も確保しています。

 

 

「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。後編」で記述した通り、「仮付け」が大き過ぎても小さ過ぎても、「ビード」「幅」を妨げてしまいます。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

ちなみに「ビード」とは、溶接の盛り上がった波状の部分を指します(*´ω`*)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。後編

アーク溶接

アーク溶接

 

前回の「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。中後編」「仮付け」は、「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。中前編」で記述した通り溶接の前に行います。

 

 

その為、「本溶接」の邪魔になってはいけません。

 

 

「仮付け」を大きくし過ぎると「本溶接」の妨げになり、小さすぎると「熱膨張」「収縮」により、「仮付け」が外れてしまいます。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「仮付け」は、ほんの少し溶接するだけなので、溶接技術が凝縮されています(*´ω`*)

 

 

手話。鍛冶屋の憩い。32

始まる

始まる

始まる

始まる

 

安寧秩序(あんねいちつじょ)日曜日!!!ですね(≧▽≦)

 

 

「始まり」ました~ゴールデンウィーク( *´艸`)

 

 

ですが、あるアンケート結果では、今年の10連休は嬉しいか?嬉しくないか?では、半数以上が嬉しくない、と答えたそうです。

 

 

「あなた」はどうですか?

 

 

私(松本 日出治)は仕事なので、車通勤で道が混まないなぁ~ぐらいの感想です( ̄▽ ̄)

 

 

★★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

写真は手話で「始まる」です。

 

 

両手の手の平を、体の前で交差させて、両手を左右に開きます。

 

 

目の前が「開ける」事、又は明るくなる様子から、「始まり」を表現しています。

 

 

ちなみに、写真の手話表現は、他の手話の流用です。

 

 

何の手話か分かりますか?

 

 

正解は、「手話。鍛冶屋の憩い。10」で紹介した「夜」です。

 

 

言葉と同じで、手話には似通ったものや、真逆の意味になるものもあります。

 

 

「始まる」の手話を上に向けて表現すれば「明るい」に。

 

 

下に向けて表現すれば(フタを)「開ける」になります。

 

 

覚えるのには一石二鳥ですが、たま~に混乱する時もあります(^▽^;)

 

 

( ^^) _U~~(゚д゚)!(ー_ー)!!(´Д`)(^^♪(;゚Д゚)(`・ω・´)

 

長いゴールデンウィークを、旅行で満喫される「あなた」も、家でのんびり過ごされる「あなた」も、私と同じく仕事をする「あなた」も、ゴールデンウィーク「始まった」ばかり(∩´∀`)∩

 

 

くれぐれも「長芋で足を突く」事が無いように、気を付けて下さいね(^_-)-☆

 

 

次回は前回の続きと相成りますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

お楽しみに\(^o^)/

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。中後編

 

仮付け 簡略図

仮付け 簡略図

 

写真は、基本的な「仮付け」の仕方を表しました。

 

 

赤線「仮付け」する箇所を示しています。

 

 

「仮付け」は、部材の大きさや溶接する距離によって決まります。

 

 

小さな物(例えば、500mmx500mm角の厚みが6mm)なら1mm~2mm「仮付け」

 

 

大きな物(例えば、1000mmx1000mm角の厚みが20mm)なら10mm~20mm「仮付け」といった具合です。

 

 

「仮付け」する箇所は大体ですが、部材に対して満遍なく行います。

 

 

次回は日曜日!!!

「あなた」に手話を、お届けいたします(*´ω`*)

お楽しみに\(^o^)/

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。中中編

アーク溶接

アーク溶接

 

前回「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。中前編」「仮付け」が、溶接するうえで一番重要です。

 

 

溶接の出来上がりを、左右すると言っても過言ではありません。

 

 

「仮付け」の主な目的は、溶接する部材を動かない様に固定する事です。

 

 

通称の通り仮に溶接するだけなので、長さにすれば僅か1mm2mm程度だけ溶接します。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「仮付け」の通称通り、外せる程度の溶接です(*´ω`*)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。中前編

アーク溶接

アーク溶接

 

「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。前前編」にて、「チドリ」の仕方を記述致しました。

 

 

上記は一般に、「本溶接」と呼ばれます。

 

 

溶接する事自体が「本溶接」です。

 

 

ですが、溶接する前にする事があります。

 

 

「仮付け」と呼ばれる事です。

 

 

「仮に付ける溶接」の通称です。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

「仮付け」をしなければ、「熱膨張」「収縮」で、部材は大きく歪んでしまいます(*´ω`*)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。中編

アーク溶接

アーク溶接

 

前回「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。前後編」の方法は、部材に最も無理が掛からない仕方ですが、その分豊富な知識と経験が必要です。

 

 

多少部材に負担は掛かりますが、引っ張る力が働かない様に、部材を固定してしまう方法もあります。

 

 

つまりは、「熱膨張」の後の「収縮」が起きても反らない様に、動けなくしてしまいます。

 

 

上記の方法は、溶接後に熱が完全に冷めるまで、待つ必要があります。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

ですが、上記の方法では解放した時点で、多少の歪みは起きてしまいます(^▽^;)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。前後編

アーク溶接

アーク溶接

 

前回「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」前中編」までは、溶接時に出来る「熱膨張」「収縮」に対する対処法でした。

 

 

部材自体にも、あらかじめ「熱膨張」が掛かる反対方向に、部材を反らせて固定します。

 

 

簡単に説明すると、弓のような状態になります。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

上記の方法は製缶作業において、加工段階で行う最も効果的な方法です(*´ω`*)

 

 

万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。前中編

アーク溶接

アーク溶接

 

前回「万能な溶着。鍛冶屋の必須技術。「アーク溶接」零れ話。前前編」は、溶接する場所を「チドリ」で溶接する事によって、部材に掛かる「収縮」を極力少なくする方法でした。

 

 

現場作業においては、「熱膨張」「収縮」をどうしても避けられない時も出てきます。

 

 

その場合は、溶接した直後に溶接部を叩く事で、「熱膨張」を広げて「収縮」を分散させる方法もあります。

 

 

次回に続きます\(^o^)/

上記の方法は、主に完成された部材同士を繋げる時に、必要になる処置です(*´ω`*)

 

 

手話。鍛冶屋の憩い。31

教わる

教わる

 

日進月歩(にっしんげっぽ)日曜日!!!ですね(*´ω`*)

 

 

「あなた」はいかがお過ごしでしょうか?

 

 

春になり、新入社員の方も見受けられますね。

 

 

そうなると、仕事を「教える」機会も増えてきます。

 

 

「教える」という事は、「教わる」以上に知識が必要です。

 

 

★★~~~~~~~~~~~☆☆☆~~~~~~~~~~~★★

 

写真は手話で「教わる」です。

 

 

右手の人差し指を斜め上から頭に向けて、二度指差すように向けます。

 

 

言われた事を頭に入れる状態を表現しています。

 

 

ちなみに、同じ手話を相手に向かって表現すると、「教える」となります。

 

 

★~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~★★

 

学に暇あらずと謂う物は暇ありと雖も亦学ぶ能わず(まなぶにいとまあらずというものはひまありといえどもまたまなぶあたわず)と申します。

 

 

仕事もまた、日々の勉強の積み重ねです。

 

 

私(松本 日出治)が常に心掛けている事は、「やってみせ、やらせてみせて、褒めてやる」 です。

 

 

一つ一つを実践して学ぶからこそ、身に付きやすくなると考えているからです。

 

 

「学問に王道なし」ですね(^_-)-☆

 

 

その点、「日乃出工業」では、今までの経験を活かした、親切丁寧な教育を行っております(*^-^*)

 

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ(*”ω”*)( ..)φメモメモ( ^^) _U~~(`・ω・´)

 

どんな事も、知識を取り入れて損な事はありません。

 

 

新入社員もそうじゃない方も、休みの日を勉強に当てるのも、一興かもしれませんよ(≧▽≦)

 

 

次回は前回の続きとなります(∩´∀`)∩

お楽しみに\(^o^)/